改めて、iPad 2について #ipadjp

2011年3月3日


日本時間で今朝未明に発表されたiPad2について、今一度ふれてみたいと思います。

 

 

  • 薄くなった
  • カメラがついた
  • 処理能力が向上した
  • カラーバリエーションが増えた(ホワイトモデルが加わった)
  • HDMIビデオ出力

 

主な特長はこんなところでしょうかね。

カメラは、そもそも何故初代機に付いてなかったの?と思えるほど、当たり前に必要と思う機能だ。
(私自身、カメラが付いたら買うつもりだった。もう初代機を買っちゃったけど)

 

その他については、マイナーチェンジに終わった感じ。
それでも、iPad 2は、タブレット市場をけん引するんでしょうね。
他のタブレットを詳しく知るわけではないし、実機を触った経験も少ない、そもそもiPad 2は触ってないが、さくさく動く感じはきっとiPad 2が圧倒的だろう。

iOSの完成度も高い。

 

唯一の難点は、引き続きFlash非対応かな。
とはいえ、Puffinという、Flash再生を可能にするブラウザがある。
私的には、このブラウザ、かなりの完成度、満足度で動いてくれているので、不足感はない。
↓興味のある方は、ダウンロードをどうぞ。
Puffin - CloudMosa, Inc.

 

てなわけで、もともと完成度の高かったタブレットが、マイナーチェンジとは言えさらに魅力を増した、という結果だと思います。
なによりうれしかったのは、あまりに魅力的すぎると、買いたいという気持ちが抑えきれない私のことなので、そのレベルまで魅力的でなかった、という結果でほんとよかった。
まだタブレットを持ってない方、iPad 2が、最強の選択肢だと思います。