iPadに不足していると感じるもの

2010年1月31日

期待以上のモノだった場合、記憶に残りにくい。
期待外れだった場合、不足していることが記憶に強く残る。

私の場合、前者がiPhone、後者がiPadだ。

 

 

 

上記のappleinsiderで伝わっている、ジョブズの発言

 

This will be the most important thing I’ve ever done.

 

から、たいそうな期待をしていたのだが、私には、iPadは期待外れだった。

もちろん、電子書籍の拡大につながるものだろうし、そうなれば紙資源の削減なども容易なものとなったり、サクサクの動作もすごいらしい。
ただ、以下の点は残念。

ざっと掲げると、

 

  • 非マルチタスク
  • Flashの未実装
  • カメラ非搭載(ビデオチャットできないの?)
  • USB、SDカード等の直接読み込み不可(デジカメで撮った写真はいちいちMac経由?)

 

以上のうち、カメラがあれば、Skypeででもビデオチャットができただろうし、写真やビデオのストレージ、編集はできずとも、実家のじっちゃんばっちゃんに孫の写真を閲覧してもらう等ができるだろう。

Flashが載らなかったのは、またも、って感じ。
HTML5がかなり高機能らしく、それを待っていればいい、との意見もあるようだが。
(Flashに固執するのも、Adobeの手のひらに乗ったままになっている気がして、それはそれで嫌だ。)

 

iPadのFlash非対応は遺憾

 

「Kindleの登場が、参考になった」的な説明をするあたり、Appleの今回の件は、圧倒的な存在感ではなかった、と感じた。

Kindle、iPodの延長線って感じ。

Skypeで3G回線で電話できるのかなあ。

ただ、Appleが最大のモバイルガジェット最大の企業になったことは事実だし、電子書籍をはじめ、新たな世界・マーケットを開くことは確実。
Macマニアの会社のおっちゃんも、買う、と言っていた。

日本の携帯電話業界の、キャリア独占スタイルにも風穴が開きそうな期待。
いずれにしても、お金の無い私に「すぐにでも買いたい」と思わせてくれなかったのは、逆説的だが、よかった。

Apple iPad 9.7inch タブレット 16GB Wi-Fi + 3G (仮称)/アップル

¥価格不明
Amazon.co.jp