[WWDC]マップアプリに求めるもの

AppleのWWDCで発表された、OSX Yosemite、iOS8、そして新プログラミング言語「Swift」。

 

 

 

「ハードの発表がなかった」とがっくりしている人も少なくないと思います。

ウエアラブル・ガジェット、MacBook Air、AppleTVなど、事前の(勝手な)予想が盛り上がってましたし、ね。

 

 

私がWWDCの発表に感じたこと

 

私も、ガッカリとは言わないまでも、WWDCの発表に感じたことがあります。

それは、「マップ」アプリ。

 

マップには特段の発表はありませんでした。それにガッカリしたわけではありません。

じゃあ、何を感じたのか。

 

 

私がマップアプリに求めること

 

私がマップアプリに求めること(iPhoneに限りません)は、地図データのアップデートです。

とにかく、地図データをいつも最新のものに更新してほしい、ということです。当たり前なんですけどね。

 

経路検索が充実しているとありがたいのは何よりですが、そのベースになるのは、最新の地図データです。ベーシックな話なんですけど。

たとえば、以下の画像をご覧ください。

 

map

左側がGoogle Mapp、右側がiOSのマップです。

 

Google Mapsの方、縦に表示されているオレンジの道路。これが、マップにはありません。

 

上半分は「松江自動車道」という道路ですが、2013年春に開通してます。仕事でこの道路をよく使うんで、通るたびに気になります。

当然ながら、この道路が地図データになければ、経路検索でも別の道を表示します。

 

この記事を書いている間に、地図データを更新してくれてたりしたら、うれしいぜ。