スマホの写真から地図情報を削除する簡単な方法:プライバシーを守って快適なネットライフ

「スマホの写真を、Twitterやブログなどに安易にアップすると、プライバシーがバレますよ」

と言われますよね。

スマートフォンには位置情報(ジオタグ)が備えられており、そのまま写真を撮影すると、その写真に位置情報が自動的に付加されてしまいます。

地図情報が付いたまま
地図情報が付いたまま

とある回転寿司で撮影したカリフォルニアロールの画像を、iPhotoで開いたところ。撮影した場所がわかります(右下部分)

 

邪魔な位置情報

 

地図情報が便利なときもありますが、不便、あるいは邪魔なときもあります。

無意識に撮影、ツイートなどした写真で自宅が突き止められたり、旅行先からその地の写真をツイートして自宅に不在なのがわかり、空き巣に入られたり・・・。

便利な位置情報が、いつの間にか自分(や他人)の首を締めることになります。

 

こんなことにならないように、あらかじめスマートフォンの設定を、位置情報を付けない設定にしておけばいいのです(iPhoneだと、設定→プライバシー→位置情報サービスをオフ)が、位置情報が必要な場合もあるし、他のアプリで位置情報が使えないために不便になることもあります。

なので、位置情報を外したい画像だけ、外す処理をしてしまえばいいですよね。

そこでご紹介するのが、ImageOptimというアプリ(無料)です。

このアプリは、ファイル容量を削減する用途で使っている人が多いかもしれませんが、位置情報の削除もできちゃう便利ものです。

 

ImageOptimの操作方法

 

1.まずは、こちらからダウンロード、インストール。

(AppStoreにはありません。ファイルをダウンロードし、解凍、インストールしてください。インストールがうまくいかない場合は、こちらの記事を参照)

 

2.ImageOptimを起動し、位置情報を削除したいファイルを開きます。

imageoptim3

 

これで終了です。えっ、ほんと、という感じですよね。

 

心配な人は、「クイックルック」で画像を開き、保存しなおしてみてください。

 

この操作で、位置情報が削除されています。

 

地図情報がなくなった!
地図情報がなくなった!

 

これで私の、あなたのプライバシーが守られます。

 

 

ファイル容量圧縮も

 

繰り返しますが、ImageOptimはファイル容量の圧縮もしてくれます。

「環境設定」にもあるとおり、様々な機能豊富なアプリです。(ピンク色の部分は、位置情報やEXIFなどのメタデータを削除しまっせ、ということが書いてあります。)

ImageOptimの機能
ImageOptimの機能

位置情報やメタデータの削除、ファイル容量の圧縮など、多機能のアプリ「ImageOptim」。
ぜひ、あなたのMacにも入れておきませんか。