A.融資の手続

2011年7月26日

「エコ生活」のブログですが、自宅建設が進んでおりますので、ブログとは直接関係ないですが、銀行の融資関係のことも、私の備忘録として書かせてください。

 

 

 

今のところ、土地・家屋両方あわせた総額の40%程度は自己資金で、残りを銀行から、もしくは勤務先の制度を利用して融資を受ける計画です。

会社の方は、人それぞれですし、私自身もある程度わかっているので(元人事部に在籍し、福利厚生を担当しておりました)、銀行から借りるケースを書いておきます。

 

その銀行には、1度、住宅ローン説明会に出席し、概要を聞いておりました。
私の勤務先がその銀行と同じグループにあるので、金利が優遇されるようです。

年収(と勤務先の信用を合わせてでしょう)から導き出される、融資可能上限額も、〝そんな家、建てねぇよ〟とたまがる(私の故郷の方言で、「驚く」という意味)ほどの金額でした。
今回の土地、建物の検討の進捗にあわせ、銀行に融資の手続きを聞くと、

 

「まずは、正式な手続きの前に、事前審査を行います。必要となる書類がありますので、お知らせします」

 

ということで、必要書類の一覧を記した資料を郵送してもらいました。

 

  • 売買契約書(見積可)
  • 工事請負契約書(見積可)
  • 公図
  • その他、給与を証明するもの等々。

 

んー、同じグループだから、その他のグループの企業よりはまだハードルが低いんでしょうけど、それでも手続きが面倒そうですね。
これなら、会社の制度を使うのがメリットがあるかな。

 

→「B.事前審査」ページへ

→「マイホームへの道」ページへ