俺がGoogle Keepを使う理由

メモサービスとして有名なのは、Evernoteがあります。



私、使ってますし、プレミアム会員です。

でも、Google Keepも使ってます。

 

Evernoteは多機能です。

それに比較し、Google Keepは貧弱です。できることが限られます。

(まあ、Evernoteが多機能過ぎると言ってしまえば、そうなのですが。)

 

EvernoteとGoogle Keepの機能の違いは、いくつものサイトで紹介されているので、そちらを参照ください。

 

http://www.gizmodo.jp/2013/03/google_keepevernote6.html

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/trendsv/20151111_729908.html

 

それでも、私はGoogle Keepを使う必要があるのです。

 

 

 

メモサービスの利便性

 

  • 仕事をしている最中、プライベートなことの用事を思い出し、メモをしたい。
  • あるいは逆に、休みの日に仕事のことを思い出し、メモする。

 

紙の手帳に書けば済む話なんだけど、手帳もペンももってなく出かけているときとかはできません。

Evernoteは日記としても使っていて、過去の日記の検索も一発なので、仕事にも私事にもすんごく便利なわけで。

だから、Evernoteはなくてはならないサービスなのでした。

 

 

 

会社のパソコンのセキュリティが厳しくなった

 

そんなことでEvernoteを会社のパソコンでも使っていたのですが、Evernoteのサイトへのアクセスが禁じられることとなりました。

Google Keepを使う理由はそれだけです。

 

ウイルスにやられ、会社のシステムに障害が発生したようです。そのため、

 

  1. 業務に関係のないサイトへのアクセスを禁じる(当たり前なんだけど)などのルールの徹底
  2. いかがわしい内容のサイトはもちろん、ブログやEvernoteなどのサイトへのアクセスも禁じられた。Gmailも使えない

 

なわけ。

ただし、Googleカレンダー、Google Keepは今のところOK。

だから、メモサービスとして会社のパソコンではGoogle Keepを使うのです。

 

貧弱といえど、

 

  • メモサービスとして基本的な機能は備えている
  • 容量を気にする必要がない(実質無制限)
  • iOSもAndroidもアプリがあるし、パソコンのアプリもあるし、WEBサービスもある

 

ということで、Goole Keepをしばらくは(会社がGoogle Keepへのアクセスを禁じるまで)使うでしょう。

 

 

【追記】2016/04/12

正直に申しますと、Google Keepはこれ以上多機能に、また有名になってほしくないです。

誰もが使いはじめると、セキュリティ上危なくなりますので。そっとしておいてほしいです。