今日の一句「ともすれば 友達なくす Facebook」字余り

相談を受けました。

 

「Facebookで、ある友達から案内があり、ぽちっとしたら、その後多数の、よーわからんお誘いがあって困っている」

 

話を聞き、実態を確認したら、
「あー、これね」
ということでした。

 

彼もしくは彼の友達が、とあるURLをクリックしたことにより、その端末の中にある連絡先情報に、スパム(迷惑)メールを送り付ける嫌がらせっぽかったです。

 

その彼は、たいしてFacebookなんて、やりたいと思って始めたわけじゃなく、(ホントの)友達が始めていて、誘われたからと始めたらしいです。

そんなユーザーに、Facebookは冷たいです。

プライバシー設定やアプリ設定などをきっちり設定していれば問題ない(はず)わけですが、そういうこともわからない初心者Facebookユーザーを、「Facebook」は取り囲んでしまいます。

もちろん、Facebook自体はユーザーを不安にさせようという意図はないわけですが、Facebookがあまりに大きくなってしまったために、意図しているか否かなんて関係なく、ユーザーを困った状況に追い込んでしまうのですねえ。

「SNSとはどんなものか」
「Facebookを使ったこと無いけど、使ってみたい」

といった方がおられたら、私はきっぱり申し上げます。

必要じゃなかったら、SNS(特にFacebook)はやらないでいい。それが幸せ

と、声高らかに申しあげておきます。