Eee Pad transformerのタッチパッドについて

Eee Pad Transformer(以下、Eee Pad)のタッチパッドについては、この商品の生命線とでも言えるほど、重要な位置づけと考えます。




なぜならば、Eee Padがキーボードとドッキングして販売されている(直近ではタブレット単体での発売も開始されたらしいですが)ということは、ドッキングした状態での、他の製品との差別化が必要になる。
つまりは、キーボード(タッチパッド)の機能が秀でていないと、魅力がない、ということになります。

で、私がこれまで触ってきた経験上の結論から言いますと、まだまだ、という印象です。

OSが未熟なのか、タッチパッドというハードが未熟なのかわかりませんが、思ったとおりに動いてくれないことが往々にしてあります。

カーソルが動かなかったり、カーソルが意図したところにいってクリックしても動かなかったり、触ってもいないのに突然新たなページが立ち上がったり等々です。

名誉のために言っときますと、ほとんどは正しく動きます。ただ、時々は上記のような誤作動的なことがあったり、動きがもっさりしたり、ということがあるのです。

むしろ、タブレット単体として考えた方が、この製品はいいような気がします。
なので、タブレット単体発売は正解だと思います。
(単体として考えた場合でも、まだまだiPad2には及ばないとは思いますが)

→Eee Pad Transformer紹介ページへ