美味しいビールを飲めるはずだったのに

2014年3月28日

昨日、とある飲み会でビールをいただきました。

 

美味しいビールを飲めるはずだったのだけど、店員のささいな手抜きで残念な結果が・・・。

(お店、店員、ビールメーカーの名誉のために、固有名詞は遠慮しときます)

 

 

ハイレベルなバイキングだったんよ

 

そのお店は、定額(決して高くない)で、飲み放題・食べ放題。

こう書くと「安かろう悪かろう」な印象が生まれるやろうけど、そんなもんではないです。

 

IMG_2554

 

高級ホテルレベルのバイキング、あるいはそれ以上のレベルの食事が、数多く提供されるフードコートです。サラダのコーナーだけでも10種類くらいはあって、その全部が魅力的なものばかり。

中華、パスタ、ピザ、サンドイッチ・・・。

 

 

主役のビールも、ナショナルなメーカーの超有名なブランド。

 

 

ビール
記事と画像は無関係です

発泡酒とか第3とかじゃない、ビールのジャンルです。

 

 

何が悪かったのか

 

そのビールは「キンキンに冷えた」を売りにしてるヤツ。キンキンビールとでも呼ぼうか。

ジョッキ、冷蔵庫や冷凍庫で冷やす店もあるけど、その店は氷水に漬けてた。それはノープロブレム。

 

だけど、氷水から取り上げたジョッキ、水をしっかり切らなあかんのに、手抜きで水切りを十分せず、水がまだたくさんジョッキに残った状態でビールを注ぎ始めたのです。

 

ありゃりゃ。それじゃ、せっかくの「キンキンビール」も薄まっちゃうぞ。

そういうとこを大事にせんと、どうすんねん。だから「水っぽいビール」て言われんねん(てそれは、俺だけの評価か・・・)。

 

俺にとって、その「キンキンビール」は、楽しみ&今回初だっただけに、残念な結果に終わりました。

 

 

 

「神は細部に宿る」なんて金言を捧げるつもりはないけど、エネルギーをこめて造られたであろう、そのビール。店員の手抜きで、肝心な客ののどもとで撃沈です。