Boot CampでのWindows8.1インストールに失敗した人の参考になる私の経験

ここ2週間ほど、MacBook ProにBoot Camp、Windows8.1のインストールを試みているんですけど、うまくいってませんでした。が、今日成功しました。つまずいていたプロセス(Windowsインストーラー)をなんとかクリアしましたよ。

 

1.基本のプロセス

 

Boot Camp、Windowsのインストールの基本的なプロセスは以下のとおり。

 

(1)システム条件を確認する

(2)Windows ディスクのディスクイメージを作成する

(3)Boot Camp アシスタントを開く

(4)Windows 用パーティションをフォーマットする

(5)Windows をインストールする

(6)コンピュータを再起動する

Appleウェブサイトより

 

 

これが、インストールの基本的なプロセスです。

私の場合、「(5)Windows をインストールする」がうまくいってませんでした。

 

 

 

2.Windowsインストーラーを起動させる

 

(4)までのプロセスで、Boot Campアシスタントというアプリで、OSXの環境にBoot Campのインストールされるスペースを作ります。そのまま画面の指示に従って処理を進めると、USBメモリを起動ディスクとしたインストーラーが立ち上がり、インストールが始まるのですが、私の場合、これが起動しなかったんです。

 

Appleのサポートサイトにあたりましたが、不明。ネットで調べまわったけど、わからず。

でも、少しずつわかってきました。

参考になったサイト

 

 

 

3.USBメモリからインストーラーを起動する

 

なぜうまくいかなかったかはわかりませんが、この先を進めるためにはUSBメモリからインストーラーを起動させればいいのではないか、ということがわかりました。

複数ある起動ディスクから特定のディスクを選ぶためには、起動時にOptionキー(⌥)を押せばいいのです。すると、2つのディスク、MacintoshとUSBメモリの2つのディスクが出現します。ここでUSBメモリを選んでEnterキーを押したら、無事インストールが進んでくれました。

 

起動ディスクを選ぶのには、他に「c」キーを押すという方法もありますが、私の場合はダメでした。「⌥」キーでした。

 

 

 

4.久しぶりのWindows

 

仕事のパソコン以外では久しぶりのWindows。バージョン8の使いにくさは相変わらずですね。

でも、Windowsをインストールしなければならなかった要件をクリアしてくれたので、満足です。