ツイッター本

ツイッターが世間の話題の的です。

私も、前回の投稿で挿入した、以下の本を読みました。

 

この本に限って言うと、それなりにツイッターを使ったことがあって、

「ツイッターが将来すごいことになるらしいが、どんなことになるんだろう」

と思ってる人には最適な本となることでしょう。
私もそうでした。

 

「情報を発信することに意味がある」
との話は、説得力がありました。

 

それに、ツイッターのアプリや、関連するサイト等の情報収集にもいいでしょう。
ツイッターに未来はある、という印象は受けました。
ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)/コグレ マサト

¥819
Amazon.co.jp

 

ただ、帯の「もうブログもSNSもメールもいらない」とまではいきませんでしょう。
ツイッターだけで必要十分なツールになりうるか、とまでは思いません。
ツイッターにより、ブログやWEBサイトの情報を引用し、情報を共有しあうというのがベースにあると思うのです、私は。
あまりに、ツイッターが素晴らしいもの、というトーンに満ち溢れていて、ちょっと怖かったです。
Macなど、デジタルガジェットとか-ツイッター本