Appleが、ついにIBMを飲み込み始めた!

ついに、AppleがIBMを飲み込み始めましたよ。

 

米IBMとアップルが企業向け携帯端末で提携、秋からアプリ提供

 

Gizから拝借
Gizから拝借

 

(画像は、Gizから拝借しました。)

 

IBMは、コンピュータ界の巨人だったはず。

 

映画「2001年宇宙の旅」では、人工知能コンピュータが登場しますが、その名前「HAL9000」は、IBMの頭文字を1つずつ前にずらしたもの(Iの前のH、Bの前のA、Mの前のL)が由来と言われています。(ほんとは違う、という説もあるらしいのですが。)

 

 

レックスマーク(Lexmark)というプリンタメーカーがありますが、元はIBMのプリンタ部門でした。

富士電機の信部門が独立して「富士通」になったみたいなものですよ。)

 

言うまでもなく、レノボ(Lenovo)は元々IBMのPC部門でした。

 

特許数でナンバーワンに立ち続ける等、巨人であり続けました。

 

 

そんな、圧倒的な存在であり続けた、IBM。

 

 

 

そしてAppleは

 

 

そしてAppleはIBMに斧を振り上げ、Macを誕生させました。

 

これ↑は、Mac誕生のCM映像ですが、斧を振り上げた対象、気味悪い多くの人物たちは、IBMをデフォルメしています。

そう、IBMは、Appleにとって、倒すべき相手だったわけです。

 

 

同じく、Appleにとって敵だったMicrosoft。

一時はMicrosoftから支援してもらわないとやっていけなかった時代もあったApple。今では、Microsoftが、モバイルやタブレット、そしてOSの安定度やブランドまでも、Appleの後塵を拝する立場になりました。

 

そしてついにAppleは、IBMさえも飲み込み始めました。

今回の提携は、携帯端末のみの範囲ですが、果たしてそこに留まるでしょうか。

 

IBMが現在まで得意としてきたのは、エンタープライズ、ビジネス、メインフレーム。今回の提携はモバイル分野。注力すべき分野が変わってきたと言うべきでしょうね。

スーパーコンピュータは、一部にしかありがたがられない、というか。

 

 

 

巨人だからこそ身動きが悪かったIBM。

海賊であり続けたApple。

先は見えた、というかなんというか。